車を手放してカーシェアを利用する:カーシェアリングのメリット

カーシェアリングは、登録をした会員同士が特定の自動車を共同使用する方法です。

レンタカーと似ていますが、レンタカーは不特定多数が利用するシステムですが、カーシェアリングは登録した会員のみが利用できます。

カーシェアリングはレンタカーより短時間の利用が想定された金額設定になっています。短時間の利用なら、レンタカーより安く、気軽に利用できるような料金となります。

カーシェアリングは既に会員手続き済みなので、利用申し込みがスマホやパソコンから簡単にできます。

利用時間の単位は10分から1日単位まで必ずしも一定ではありませんが、レンタカーよりも短時間(短期間)の利用時間単位が設定されています。

1日単位で借りるならレンタカー、ごく短時間の利用からカーシェアリングという感じです。

一般的にカーシェアリング用自動車は、専用の駐車場に置かれており、ほとんどの場合が無人管理になっいます。

会員登録を済ませておけば、利用を希望する会員はインターネットや電話で予約を入れるだけで利用することができます。

車を受け取る際には、予約した時間に駐車場に行き、会員証でドアロックを解錠します。

そして、車内に設置された装置に会員証を差し込んで認証を行うだけで直ぐに使用できるようになります。

多くのカーシェアリング用自動車は専用の駐車場に置かれています。

最近は、マンション前の駐車場、住宅街の一角の駐車場、スーパーマーケットの駐車場、コンビニエンスストアの駐車場に配置された便利な形態のものも広がり、更に便利になってきています。

専用の駐車場が、仕事場の近くやマンション前にあるようなような場合には、一般の車とほとんど同じような感覚で利用sうることができます。

カーシェアリングの設置場所は拡大してきているので、利用者が増えてきています。

カーシェアリングのメリット

自動車を自己所有する場合、取得価格、ローン取得の場合はローン利息、自動車取得税、自動車税または軽自動車税、自動車重量税、駐車場代、ガソリン代、自賠責保険代、自動車保険代がかかります。

その他にも、消耗頻度、車検代、整備費用、加えてそれぞれの消費税もかかります。

仕事で利用するとしても、せいぜい1日数時間程度の利用です。

仕事では公共の交通機関を利用し、日曜日しか運転しない場合だと、1ヶ月の車両の利用時間はせいぜい8時間程度です。

車を自己所有には、高額な経費がかかることがわかります。

カーシェアリングを利用すれば、必要なときに一定金額を支払うだけで良く、車を財産・資産として所有しなくてすみます。

レンタカーの場合、利用時間はある程度長時間(最低でも6時間など)です。

カーシェアリングの場合、15分単位で利用できるところもあり、ちょっとした用事、買い物などに使うには課金時間が短くてすみ、気軽に使えます。

又、レンタカーとの違いは、手続きの手間がかかりません。

レンタカーは1回借りるごとに窓口に行って手続きをしなければなりません。

しかし、カーシェアリングは1度会員登録をしておけば、携帯・スマホ・ホームページなどで予約をするだけで、駐車場に行けば直ぐに乗れます。

又、ガソリン代がかかりません。

レンタカーは無洗車・満タン返しが原則です。

カーシェアリングは、利用者が洗車や給油の必要に応じて、車内にあらかじめ配置された専用の給油カードで、洗車や給油を行う方式が採用されている場合が多く無料です。

無人管理に必要な作業なので、給油に相当する利用時間分は、料金は課金されないことになっています。

日本の都心では公共交通機関網が発達しています。鉄道、バス等と併用することで、過剰な自動車の利用を抑制する効果があり、エコロジーに貢献するとも言われています。

こんな人におすすめ

クルマを使うのは、子供やご主人・奥様の送迎など、日常の買い物などの短時間が多いって方は多いと思います。

カーシェアリングは短時間しか使わない方のためのシステムです。

車はあるけど、ほとんど乗らない方は、たまにしか乗らない車のための維持費や保険料を無駄だと感じているはずです。

カーシェアリングなら、維持費や保険料を払う必要がありません。

又、面倒な車のメンテナンスをする必要もありません。

洗車や修理などのメンテナンスは体力を使うだけでなく、汚れるし、時間もかかります。

忙しくて時間のない方や体力的に自分ではできなくなってきた方にとって、そういったメンテナンス作業は負担の大きい作業です。

又、洗車スペースがない場合も多く、わざわざ洗車しに出かけなければならないのも時間の無駄です。

数年も乗るとあちこちガタがきて、故障すれば、修理工場まで持って行かなければなりません。

カーシェアリングなら、スタッフが、洗車や定期的なメンテナンスをしてくれるので、自分だする必要がありません。

クルマは持ってないけど、どうしても車を使いたい場合があります。

例えば小さい子供連れで出かけると、周りに気を遣ったり子供が好き勝手に歩き回ったりして大変ですが、周りに気を使うことなく移動できて、荷物も運べます。

3歳くらいから使えるチャイルドシートを標準装備している会社もありますので、チャイルドシートを買う必要もありません。

他にも、家族が病気やケガの病院通いにも利用すると便利です。

毎回レンタカーやタクシーを使うより安く済みます。

カーシェアリングは、基本的に月会費でお金を支払いますが車が必要なときに1ヶ月だけ入会して、必要なくなったら退会するという使い方もできるんです。

又、セカンドカーを買おうと考えている方、特に車種にこだわりが無いというのであれば、カーシェアリングを利用するという選択を検討しても良いと思います。

カーシェアリングは、1台のクルマを複数の人で利用するシステムです。

1人がクルマを1台持った場合と比べると、CO2の排出量は少なくなります。

カーシェアリングを利用するときの注意点

1.キャンペーン等で無料になることもありますが、初期費用として、入会金やカード発行費が発生します。

2.月会費がかかります。毎月の基本料金がかかりますが、会社によっては無料利用料金が設定されるなどして、月会費と利用料金が相殺されることもあります。

3.料金設定が各社微妙に違うので比較検討が必要です。どこの会社も、時間料金は15分、30分単位で課金されるのが利用料金の基本です。走行距離に応じてガソリン代相当の料金を時間料金とは別に徴収したり、距離料金自体の設定がなかったり、固定料金パックの場合のみに距離料金が課金されるパターンもあります。

4.車を予約できないという心配はありませんが、借りたい車種の希望が通らないこともあります。2週間前位から予約できる場合が多いので、心配な方は早めに予約したが良いでしょう。いつから予約出来るかは、確認が必要です。特に外国車や高級車のが置かれているかは、ステーションによって異なります。

5.料金メニューは良く考えて申し込みます。料金のメニューは事前に申告する必要があり、一番安いメニューが自動的に適用されるわけではありません。一般的に、短時間利用の場合はレンタカーより割安となり、半日・一日のレベルではレンタカーのほうが割安となるように設定されているようです。ただし、カーシェアリングのほうでも6時間・半日・1日などの割安なパック料金が用意されている場合があります。会員プラン・料金プランごとに比較して、レンタカーとどちらが安いのか検討します。ただし、カーシェアリングでパック料金で予約をした場合、凄く早目に返却したとしても、パック料金より安い料金を適用されず、予約した時間パックの料金となるので、注意が必要です。

6.ガソリンがほとんど入っていない時がある。ガソリンがほとんどなくて、出発早々に給油しなければいけない時があります。ガソリン代が無料であっても、時間ぴったりに行くと給油時間がもったいないです。利用開始の10分前から利用可能なので、特にショートで利用する時は早めに行くようにします。

7.ゴミの片付けがしていない場合があります。レンタカーと違い、室内クリーニングがされているわけではありません。故意でない小さなゴミの忘れものがある場合もあります。気になる人には、マイナスポイントではあります。

8.タバコが吸えません。一部喫煙車もあるようですが、原則的に禁煙です。喫煙される場合は、クルマを停め、喫煙設備のある場所で吸うしかありません。ショートの場合はタバコは我慢するしかありません。

9.運転者は登録者のみで、会員カードを第3者に使用させることはできません。また、会員以外が運転した場合の補償制度は適用されないので、注意しましょう。

10.予約のキャンセルを忘れない。予約して利用しなくても、予約を取り消し手続きをしなければ、料金が発生するので注意が必要です。また予約時間を延長したいときは、必らず手続きします。手続きなく返却が遅れた場合の超過料金は通常料金より高くなるので、必ず早目に予約をしましょう。次に予約が入っていなければそのままご利用できますが、予約が入っている場合には、別の車に乗り換える必要があります。

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る