トヨタ カローラ フィールダー の概要/特徴

トヨタカローラフィールダーはステーションワゴンタイプのカローラというポジションで販売されている乗用車です。

ステーションワゴンは一般的なセダンの後部をハッチバック式にし、ラゲッジスペースを広くとり、荷物の積載性を高めたタイプの車になります。

多くの荷物を搭載することを想定しているため、排気量が高めに設定されることが多く、しっかりとした走りを求める方が選択することも多い車になっています。

カローラフィールダーという名前を冠するようになったモデルが登場したのは2000年です。

それまでのカローラツーリングワゴンをよりブラッシュアップし、エンジン周りもしっかりとしたものが搭載され、よりアクティブな走行が楽しめるようになりました。

2代目は2006年で、フルモデルチェンジされたモデルが発表されています。

この世代のものから燃費性能を特に重視しているのが特徴です。

ラゲッジスペースから後部座席にかけて簡単にフラットにできる機構を有していて、荷物の積載性が向上しています。

現行モデルの3代目はややコンパクトになったものの、室内空間はそれまでよりもさらにゆったりとしたものに変わっています。

燃費性能はさらによくなりつつも、ドライブ好きの方が唸るような志向のコクピットを備えていて、従来のステーションワゴンファンの方が納得するような仕様になっています。

ハイブリッドモデルも用意され、環境性能を重視する方向けにもしっかりとした性能を提示することを実現しています。

カローラの車名の由来

「カローラ」は、「人目をひく、美しいスタイルのハイ・コンパクトカー」をイメージし、ネーミングされました。英語で「花の冠(花の中のもっとも美しい部分、花びらの集合体)」という意味です。

カローラの動画(YouTube)

カローラのウェブサイト

http://toyota.jp/corolla/

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る