車の価格を査定する中古自動車査定士とは

中古車の査定を行う査定士の仕事は専門の資格が設けられており、正式には中古自動車査定士資格と呼ばれる資格があります。

車は機械の専門的な知識や技術的な知識も必要となるため、中古自動車査定士資格は査定に必要な一通りの知識を有し、査定を行う事ができるという証明になるものです。

車の種類によって資格も分かれており小型と大型の2種類があり、査定も車種に対応した資格を持っている方が行うのが基本となっています。

小型も大型もそれぞれ免許が必要で、小型は普通運転免許以上、大型は大型第1種以上の免許を持っている必要があります。

また、日本自動車査定協会という団体が指定している実務経験を半年以上、研修を修了した方に試験を受ける資格が与えられ、合格することで資格取得が実現するシステムとなります。

試験は学科と実技に分かれており、それぞれで点数が付けられて合否が決まります。

こうして合格すると資格を得る事ができ、査定士としての仕事が行えるようになります。

査定士として仕事を行うには資格を取った後、登録をする必要があります。

年齢が20歳以上で古物営業法という法律を守って営業されている中古自動車販売店に所属する事で日本自動車査定協会に査定士として登録を行う事ができます。

年収は働く職場によって様々ですが、例として入社3年目で470万円というケースがあり、比較的高収入の水準となっています。

車に興味のある方は査定士の仕事を目指すのもお勧めです。

中古自動車査定士 | 自動車資格一覧

査定の仕組み

中古車買い取りの際にはは中古自動車査定士の方が査定を行ってくれます。

査定の流れはフローが決められており、細分化されたチェック項目に従って査定士がチェックを行い、点数が加点、減点される形で総合的な点数が付けられ、その点数によって査定額が決定されます。

このようにどの査定士が行っても、客観的な評価基準があるため、基本的には同じ価格になるようにできていますが、やはり人の目で判断がされるため、時には査定額にばらつきが出る場合があります。

特に影響するのはオーナーの方の印象です。

中古車の買い取り業者も気持ちよく対応できるお客さんの場合は、評価にもその良い影響が出てきます。

多少の小傷があってもあまり大きな減点にせずに見逃してくれるという事もあります。

中古車買い取り業者には様々な方が来店するため、中には業者の査定士やスタッフの方に横柄な態度を取る方もいます。

そうした方は査定額もマイナスになりやすくなります。

車もそのように雑に扱われているのではと業者の方も不安になってしまうのです。

そのため、査定額は常に一定という訳ではなく、査定士の方の判断によって変わる事があるという事を覚えておきましょう。

最終的な価格を決定する権利が査定士にはある事を頭に入れておくと、車の状態以外の部分で損をする事がなくなります。

少し面倒だと感じる方もいるかもしれませんが、愛車を高値で買い取りしてもらうためにも少し気を付けておくようにする事をお勧めします。

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る