中古車を買う時に発生する税金・諸費用:法定預かり費用

中古車を購入し、運転できるようにするためには、各種税金の支払いとナンバー登録、車検が必要になります。

これらをすべて自分で手続きすることも不可能ではありませんが、販売店へ代行してもらうのが通例です。

中古車を購入し、車両本体代金とともに販売店へ税金や手数料をまとめて支払いますが、これらをひとまとめにして法定預かり費用と呼びます。

手続きや申請する内容によって異なりますが、法定預かり費用は相場がなく、値引き交渉をすることはできません。

法定預かり費用の内訳

法定預かり費用に含まれるものは

・ナンバー登録代
・車庫証明の申請費用
・名義変更手数料
・車検代の法定費用部分

などがあります。

基本的に手続きに必要な印紙代と捉えておけば間違いありません。

法定預かり費用と、販売店ごとに変わる代行手数料は別物ですので注意しておきましょう。

代行手数料は販売店に払う費用で、法定預かり費用は国に納める税金です。

地域により費用が変わる

また、法定預かり費用は地域によって異なります。

自治体ごとにナンバー登録代や車庫証明にかかる費用が変わり、販売店に支払う料金も多少前後します。

しかし、それぞれ数百円程度の差のため、そこまで気にする必要はないでしょう。

もしナンバー登録などの手続きを自分でおこなう場合、販売店に法定預かり費用を預ける必要はありません。

ただし法定預かり費用を節約することはできませんし、中古車は手続きも多く支払う税金の種類も多岐に渡るため、未経験の方や分からない方は販売店へ任せるのが良いでしょう。

中古車を買う時に発生する税金・諸費用

自動車重量税
自動車取得税
自賠責保険料
消費税
法定預かり費用
リサイクル料金

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る