軽自動車の中でも異彩を放つオープンカー仕様のダイハツ コペン

ドライバーが軽自動車に求めるものはそれぞれ異なりますが、多くの方はコストパフォーマンスを重視しておられるのではないかと思います。

普通車に比べて車両価格が安いし、燃費も良くて、維持費もそれほどかからないのが軽自動車の一番のメリットです。

しかし、それだけで落ち着いてしまうのもつまらないという方におススメな車の一つ、それがダイハツのコペンです。

コペンの特徴はなんといってもその遊びゴコロ。

ダイハツにはかつて「リーザスパイダー」という軽オープンカーがありましたが、コペンはオープンカーという特徴に加えて、世界初の電動油圧式ポンプのアクティブトップを装備しています。

コペンという名前がまさにその特徴をよく表していますが、初代が発売されたときは「Compact Open」の略だとされていましたが、2014年に2代目が発表されたときにその名前の由来が「Community of Opencar life」と変更された、という経緯があります。

いずれにしても、コペンのオープンカーとしての特徴を前面に押し出したネーミングといえるでしょう。

さて、初代の製造が中止されてから1年10ヶ月の歳月を経て、2014年に2代目が登場しましたが、その特徴の一つは「D‐Frame」が特徴です。

それによって何が可能になったのか、というと、車両の骨格全体を切れ目なくつないだ構造により、剛性を高め、走行安定性も向上したのです。

また2代目のもう一つの特徴は「Dress-Formation」で、これにより車の外板の着せ替えが可能になりました。

といっても一体何のことを言っているのかよくわからないと思いますが、骨格の剛性が担保されたことにより、その上にはめる外板を樹脂にして、購入後でもまるでプラモデルのように、自由に自分の好きなように付け替えができてしまうのです。(もちろん、実際やるのはディーラーの工場で、自分ではできません)第二代の登場により、コペンはますますユニークさを増し加えています。

人気の理由【機能】

コペンの人気の理由をこれから3つの角度から分析してみたいと思います。

まず最初に注目したいのはコペンの機能面での特徴です。

機能に注目したときに、まず取り上げるべき一つの点はなんといっても、独特のルーフシステムでしょう。

これはドイツのベバスト社とイタリアのピニンファリーナ社が共同で設立したOASys社が製造したものです。

約20秒での開閉が可能です。

また、オープンカーだからこそ、ユーザーが重視する機能は安全面でしょう。

いくつかコペンの装備をあげてみましょう。

その一つはVSC(Vehicle Stability Control)&TRC(Traction Control)です。

VSCとは、急なハンドル操作をしたり、雨や雪など路面状況が悪い場合に車が横滑りなどした場合に、自動的にブレーキとエンジンの出力をコントロールして、車両の安定性を確保する機能です。

また、TRCによって、車の発進や加速の際に、タイヤの空転がコントロールされ、アクセル操作を容易になります。

また、ブレーキオーバーライドシステムは、間違ってアクセルとブレーキが同時に踏まれた場合には、ブレーキの作動を自動的に優先しくれますので、急な衝突を避ける事ができます。

また、エマージェンシーストップシグナルは、時速60キロ以上で走行中にブレーキを強く踏んだ場合、ブレーキランプと同時にハザードランプが点滅し、後続車にそのことを知らせ、玉突き事故を防止してくれます。

その他、ボディ(TAF)は国内のレベルはもちろん、世界的に見ても厳しい試験をクリアした安全なボディ。

エアバッグもデュアルSRSで、運転席、助手席ともにカバー。

万が一の事故に備えて、歩行者との衝突部分となりうるフードやワイパーピボット部分などに衝撃緩和装置を設定もしています。

人気の理由【デザイン】

コペンの2つ目の人気の理由は、デザインの自由度でしょう。それを可能にしたのが、「D-Frame」と「Dress-Formation」であることはすでに言及しました。

「D-Frame」によって車体の剛性が高められたため、樹脂の外板が脱着可能になったのです。

脱着可能なのは、ボネットフード、ルーフ、バックパネル、トランクフード、フューエルリッド、リアバンパー、リアフェンダー、ロッカー、フロントフェンダー、フロントバンパーの10箇所。

デザイン重視の方も、空力特性を変えたいという方も、自分の好みに合わせて調節することができます。

ボディのカラーは全部で8色。

落ち着いた色のリキッドシルバーメタリックやブラックマイカメタリックもあれば、マタドールレッドパールやトニコオレンジメタリックなどのビビッドカラーも用意されています。

車内のインテリアはスポーティながらも上質。

アクティブトップが開き、オープンカーになると、インテリアはエクステリアにもなります。

それで、ヘッドレスト一体型スポーツシートの座面、背面部分は、寒い時でも走行可能なように、シートヒーターが標準装備されています。

コペンの機能面での弱点をあえて挙げるとすれば、収納でしょうか。

というのも、アクティブトップをオープンにした際には、ルーフがトランクに格納されるため、荷物はほとんど入りません。

ただ、ルーフクローズ時には、ゴルフバッグ1個入る大きさはありますので、旅行などで荷物を入れたいなら、ルーフを開けることをあきらめるしかありません。

もっとも、軽の2シーターオープンカーというコペンの最大の特徴がそれで色褪せることは全くないでしょう。

以上挙げたようなデザインの素晴らしさでコペンは2014年のグッドデザイン賞を受賞しました。

人気の理由【エンジン】

コペンの人気の理由として3つ目に取り上げたい点はエンジンです。

コペンの初代のエンジンはJB-DET型でした。

このエンジンは潜在力の高いエンジンとしてかなり高い評価を受けていました。

というのも、ダイハツの軽自動車としては最初で最後の直列4気筒エンジンで、64馬力を生み出すことが可能(しかし、実際はそれ以上の馬力を生み出すことも可能だったようです)、回転がなめらかなため、エンジン音は静かであり、その上、パワフルな走りが特徴だったのです。

しかし、1気筒あたりの容積はどうしても小さくなりますから、軽自動車で一般的に採用されている直列3気筒エンジンより、低回転域におけるトルクが弱いという難点があるといわれていました。

ですから、街乗りよりも、スポーツカー仕様のエンジンに向いているというわけですね。

さて、2014年に発売された2代目コペンにおいてはDVVTを採用したKF型に変更。

このエンジンは3気筒なので、気筒あたりの容積が大きく、ロングストロークが可能になります。

それによって、初代の弱みであった低回転域のトルク特性を向上させました。

また、DVVTを採用、この可変バルブは状況に応じて、吸気バルブの開閉タイミングを変えることが可能なので、スムーズな加速が実現します。

また、低排出ガス性能にも配慮し、燃費も向上しました。

ちなみにカタログ上の燃費はリッターあたり22.2〜25.2キロとなっています。

コペンはオープンカーですから、エンジンサウンドも大事です。

独自のチューンが施されていますので、ルーフをフルオープンにして、太陽の光を浴び、風を肌で感じながら、気持ちの良いスポーツサウンドを満喫しながら、ドライブを楽しむことができます。

こんな人にはコペンがおすすめ!

さて、以上3つの角度から分析したダイハツコペンですが、おススメしたいのはズバリ車に実用性を重視しない方です。

そもそもシートが運転席と助手席しかありませんから、どう転んでも、4人家族にはおススメできません。

ルーフを開けてしまったら、荷物も載せられませんから、自転車や車いすを車に載せたい方も無理です。

実は、ダイハツもコペンに関しては、はっきりと「これは嗜好品だ」と言い切っています。

嗜好品だと言い切れる車を開発したかったのです。しかし、嗜好品といってもBMWのZ4やポルシェは人を選びます。はっきり言って、貧乏人には楽しめない嗜好品です。しかし、コペンなら可能です。車体そのものも、150万円〜200万円くらいで購入可能。また、軽自動車ですから、維持費も安くてすみます。

ダイハツはコペンのコンセプトの一つとして、「LOVE LOCAL」というフレーズを提案しています。

つまり、地元に根ざしながらも、充実したコミュニティ、生活を楽しむためにコペンがきっかけになる、というわけです。

確かに昔、地方で軽自動車に乗る、というのは「地方だし、お金ないし、軽でいいや」という「妥協の選択」だったのかもしれませんが、コペンはそれを変える可能性を持っているといえるかもしれません。

コペンは上にも述べたように自由なデザインが可能ですから、自分なりのスタイルを車によって表現したい方にぴったりです。

他の誰かと一緒なのではなく、世界に一台の自分だけのオリジナルな車に乗りたい、そんな夢をコペンは叶えてくれます。

女性ドライバーの方にも乗っていただきたいですし、エンジンも素晴らしいので、車好きの男性のマニアックな好みにも十分耐えうる車です。

コペンの車名の由来

「コペン Copen」は、Compact(コンパクト)とOpen Car(オープンカー)が合わせて造られた言葉です。Cupe とOpen(クーペとオープン)の両方の良さを持ちあわせたいという願いが込められています。

コペンの動画(YouTube)

コペンのウェブサイト

https://copen.jp/

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る