軽自動車は車検が安い?

車の維持費で最後にご説明したいのは、車検に関する費用です。

「よく今年は車検だからお金が必要」なんていうつぶやきを耳にしたりしますが、実際のところ、車検ってどんなことをするのでしょうか?

軽自動車の車検は普通自動車と異なるところがあるのでしょうか?

車検は2年に受けなければならず(新車購入時は3年ですが)、この点は軽自動車も普通自動車も同じです。

車検の趣旨は、道路を走る際に重大な事故を起こさないよう最低限の保安基準に適合していることを担保することにあります。

さて、一般的に車検には2つの方法があります。

一つは自動車の所有者が国の認定をうけた整備工場に定期点検整備と検査を依頼する方法です。

かつてはほとんどの方がこの方法をとっていましたし、いまでも車のことをよくわからない方はこうしていると思います。

最も一般的なのは車のディーラーに当たり前のように車検の際には車を引き渡し、高いお金をとられてしまう方法です。

しかし、実は第三者に委託しなくても、車検は自分で車を自動車検査場に持ち込めばできてしまうのです。

いわゆる「ユーザー車検」というやつですね。

さて、軽自動車に乗っておられる方がユーザー車検をする場合には、車検を受ける場所を間違わないようにしなければなりません。

というのも、普通車の場合は陸運局で車検をうけますが、軽自動車の場合は軽自動車検査協会というところにいかなければならないからです。

この場合は事前の予約が必要になります。

また、ユーザーに直接関係してくるわけではありませんが、検査ラインも若干の違いがあります。

どちらも下回り検査を最後にしますが、普通自動車はその前の段階に排ガス検査が入ります。

しかし、軽自動車は先に排ガス検査をする、という違いがあるのです。

また、下回りの検査も軽自動車は普通車と違って、直接車体自体をリフトアップして、検査します。

車体が軽い軽だからこそ出来る芸当ですね。

車検の料金

気になる車検の料金ですが、内訳を2つに分けることができます。

一つは法定費用、もう1つは車検基本料です。

法定費用はどこで受けても同じようにかかる費用、そして車検基本料はディーラーや整備工場の儲けとなる部分です。

先に述べたように、この仕組みをあまり知らない方たちは、車検といえばディーラーにいわれるがままに車を引き渡し、当然のように車検基本料も払いますが、もしユーザー車検、つまり自分で車を持ち込んで、検査を受ければ、その分のコストをカットすることができます。

では、もう少しその内訳をみてみましょう。

車検の際にかかる法定費用には、自賠責保険料、重量税が含まれます。

この2つは厳密にいうと車両の検査にかかる費用ではないのですが、通常は車検の際に支払う費用ですから、車検費用の一部とみなされています。

これら2つに加えて、印紙代は検査そのものに対する手数料と言ってよいでしょう。

軽自動車と普通自動車を比べると、普通自動車は1,700円(3ナンバーは1,800円)なのに対して、軽自動車は1,400円ですから、若干安いと言えます。

さて、ユーザー車検は支払うのが法定費用だけであれば、重量税がエコカー減税の適用のなるかで違いはありますが、大体3万円程度に抑えることができます。

しかし、ほとんどの方はやはりそれだけでは心配だから、整備工場などでひと通りの検査はしてもらいたい、と思われるのではないでしょうか。

これは検査をどこにお願いするかで大きな違いが出ますが、一番高いのはなんといってもディーラーです。

軽自動車であっても4万円くらいは上乗せすることになるでしょう。

しかし、これがガソリンスタンドやオートバックスのようなお店であれば、半分につまり2万円程度に抑えることは十分可能です。

車検はお任せにするのではなく、自分でも普段から車の整備をきちんとするようにしておけば、コストはかなり低めにすることができます。

こんなところで車検を受けることができます

車検を受けられる場所は色々とありますが、ご自身に合った目的や予算で車検を受けたいものですよね。

例えば、軽自動車の車検を一番安く済ませようとするなら、自分で軽自動車検査協会に車を持ち込んで検査してもらうことです。

いわゆるユーザー車検であれば、上記にご紹介した法定費用だけで済みますから、36,500円のみ(自賠責が24ヶ月の場合)で済ませることが可能です。

ただ、法定の検査に加えて、点検・整備もしておきたいという方も多いでしょう。

その場合には、ディーラーにお願いすることが一番良いでしょう。

ディーラーでは部品交換の基準が高くなっている為、「使えるものは出来るだけそのままにしておいてほしい」という方には向いていないかもしれません。

実際費用も法定費用にプラスして5万円、ということもあるようです。

「点検・整備はして欲しいけど、できるだけ安く済ませたい」という方なら、ガソリンスタンドや、カーショップにお願いするのも一つの選択肢です。

ガソリンスタンドなら街中どこでもありますし、24時間受け付けているので便利です。

ただ、整備士の技術レベルはディーラーほどではなく、ばらつきがあるのも事実です。

カーショップは、例えばオートバックスのようなお店です。

スピーディーなのが特徴ですし、メンテナンスもユーザーのニーズに合わせて選択することができるのもメリットです。

法定費用プラス1万3千円〜2万5千円くらいで済みます。

最後にご紹介するのはコバックです。

コバックは車検の全国チェーン店です。

法定点検をスピーディにやってくれますが、点検整備をプラスすると、やはり費用はオートバックスと同じくらいになります。

車検を受ける際には、前もっての見積もりをとり、どこがご自身に一番合っているか比較してみることをおススメいたします。

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る