軽自動車の種類/セダン型

セダン型は、日本で一番多くの人に利用されている型です。

軽自動車のセダン型は、一般的なタクシーのような形状をした最もスタンダードなタイプの車を指します。

自動車教習所でも、通常はセダン型で練習をしますので、イメージし易い型ではないでしょうか。

フロントのエンジンルームと人が乗るスペース、後部のトランクの3つがそれぞれ独立しています。

ドアは、近年だと2ドアタイプのものもありますが、基本的には4ドアが多くなっています。

「軽さ」と「丈夫さ」を考慮したうえでの、一番頑丈な作りがセダン型になります。

また、この形は、あらゆる車種の中でも最も古くから存在しているもので、「馬車の籠椅子」という意味が語源とされているようです。

尚、後部のドアを跳ね上げるように開けるタイプの「ハッチバック」式の車も、セダン型として分類されます。

軽自動車のセダン型タイプでは

・スズキ・アルト
・ダイハツ・ミラ
・ホンダ・N-ONE
・トヨタ・ピクシス エポック

などがあります。

「一家に一台、コンパクトな車を」という視点で型を選ぶのであれば、まず上記の4つのようなタイプを選択しておけば間違いありません。

運転のし易さ加速力、馬力などの観点からみても、他車と比較すると平均的であり、あらゆる国であらゆる年齢層から支持されている型です。

デザインやカラーバリエーションも豊富に揃えられており、燃費も良いのが特徴ですが、大型車と比較すると積載量が限られていたり、用途によっては不向きなシチュエーションもあります。(キャンプや舗装されていない山道など)

生活スタイルに合わせて車を選ぼうと考えているようでしたら、大きく分けて「セダン型にするか」「セダン型ではないのにするか」くらい、選び方が変わってくるでしょう。

メリット

セダン型のメリットは、運転のし易さです。

車体そのものも低い為、空気抵抗が少なく台風など強い風が吹いた時も影響を受けにくいという点もメリットといえるでしょう。

更に、燃費も少なく加速も良いです。運転のし易さから、初心者、女性、高齢者にも運転が楽な型です。

全てのセダン型に該当するとはいいませんが、セダン型は車体の値段そのものもリーズナブルなので、そういった面からも購入し易くなっています。

そしてセダンの魅力は、なんといっても遮音性です。

ルームが3つに分かれている為、それぞれの空間が独立し、無駄な音が伝わりにくいようになっています。

その為、会話の邪魔にもならず非常に家族向けとも言えます。

また、独立している為に安全性も高く、乗る側も安心してドライブを楽しむことが出来ます。

また、積載する荷物の場所もきっちり分かれているので、後部の人も後ろを気にすること無く過ごすことが出来ます。

更に、着席の位置が低いこともメリットのひとつです。

着席位置があまり高いと、緊張感が高まってしまうほか、万が一事故に遭った時にダメージを受けやすくなってしまいがちです。

タクシーに乗ると安心感を覚えると思いますが、あれは着席位置の高さも関連性が高いといえます。

ハイブリッドで高性能なコンパクトタイプの車が多い現代においても、セダンが根強い人気なのは、こういった「安心感」や「安全性」におけるメリットが高いからとも言えるでしょう。

運転のし易さや走行安全性においても、セダン型は一番馴染みやすい型と言われています。

デメリット

セダン型のデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?車内が狭い為、広い車内の空間でドライブを楽しみたい方には、少し窮屈に感じるかも知れません。

また、速さや馬力・運転のしやすさなど自動車が持っている本来の機能の魅力面からいうと、軽自動車のセダン型では物足りなさを感じてしまうのではないでしょうか。

もちろん走行の安全性や快適さにおいては、他の車種では太刀打ち出来ないほどの利点もたくさんありますが、その他のデメリットとしては以下のものが挙げられています。

【積載量】

ライトバンやボックスタイプのワゴンと比較すれば一目瞭然ですが、セダン型の積載量はそれほど多いものではありません。

荷物の量が多いと、車のフットワークも鈍くなります。大人数での旅行などには不向きですし、足を伸ばせない分車中泊も難しいでしょう。

【防雪性】

リヤガラスの角度のせいか、雪が非常に落ちにくい作りです。

この為、冬場はバックがし辛くなります。

また、トランクやフロントバンパーの隙間から雪が入ってしまい易いのも特徴です。

東北や北海道の冬には、難儀するかも知れません。

【トランクが暑い】

基本冷房はトランクにまで行き届かない為、夏、食料を長期保存して出かけるといったドライブには向きません。

ただ、どんな車にも必ずデメリットはあります。

自分が運転する際、どのような用途で運転をすることが多くなるのか、短距離か、長距離か、仕事用かプライベートか、それらを明確にした上でセダン型を購入すれば、これらのデメリットも避けられるでしょう。

例えばこんな車があります

ここまでの記事でも述べてきましたが軽自動車にもさまざまなタイプがありますから、好みにあったものを選びたいものです。

そこで、知りたい情報は軽自動車のセダン型にはどんな人気車があるのか見てみましょう。

・ダイハツ ミラ
・スズキ アルト
・ホンダ N-ONE
・トヨタ ピクシス エポック

などが人気の車種になっています。

どの車も低燃費で運転しやすい特性があり、女性や高齢者にも評価が高い軽自動車です。

軽自動車に乗る方は燃費がいいので選ぶ方がいるのではないでしょうか?

スズキ・アルトエコの場合には燃費が35.0km/Lで、低燃費の代表的な軽自動車です。

経済面で家計のことを考えて、ガソリン代を安く抑えたい方とっても安心して乗れる自動車と言えるでしょう。

また、日本の軽自動車は日本だけではなく、世界中で選ばれており、特にアジア諸国では人気の自動車になっています。

インドネシアやマレーシア、インドなどでは日本の軽自動車に乗る人が増えています。

日本人と同じように体が小さめのアジア人にとっては、大きな自動車ではなくても軽自動車のセダン型で十分なのだということです。

故障しにく点や乗りやすいく、燃費がいい点など、日本の軽自動車が持っている特徴が多くの国に支持されているのです。

日本のみならず軽自動車の人気は不動です。

もし、あなたがセダン型車の購入を考える際には、安全性や価格の面から考慮しても、まずセダン型をチョイスしておけば間違いありません。

上記を参考にして購入を検討してみてはいかがでしょうか。

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る