まだローンが残っている車でも買取査定してもらえる?

ローンを組んで車を購入した場合、ローンの返済が終わるまでは車を売却することはできないと思っていないでしょうか。

ローンを組んでいる場合、所有者と使用者が異なるため、売却することができないと考えてしまうのかも知れません。

しかしローンを組んでいて、残債がある場合でも買取業者に売却することができます。

その際に幾つかのポイントを押さえておくことが大切です。

売却益を残債に充てることで返済を終える

ローンを組んでいる場合、買取査定に出す際にはローンの残債を把握しておくことが大切です。

買取査定で査定額がローンの残債を上回っているなら、売却することが可能です。

一括で残債を支払い、余剰が出た分は新しく購入する車の購入費に充てたりすることができます。

ローンが終わってしまえば、借金生活から解放されるため、また新たにローンを組んで車を購入することも可能です。

残ったローンはどうなる?

愛車をローンで購入した場合、残債が残っている状態でも売却することができますが、残ったローンはどうなってしまうのでしょうか?

買取業者に売却する場合、残債は買取査定額と相殺されます。

例えばローンの残債が50万円残っていて、買取査定額が60万円の場合は、買取業者がローン会社へ50万円を一括返済し、差し引いた10万円を顧客に支払います。

この時点でローンの支払いが終わりますし、売却益も手元に入るため、メリットも大きいと言えます。

ローン残債と査定額が同額の場合

ローンの残債と査定額が同額の場合は、手元にお金は戻ってきません。

しかしこの場合もローンの返済が終わるため、借金から解放されます。

ケースバイケースですが、ディーラーに下取りに出す場合、値引き分が査定額に上乗せされて、ローンの残債を上回る査定額になる場合もあります。

もし代替えを考えているなら、買取業者とディーラーの査定額を比較しても良いでしょう。

査定額がローンの残債を下回る場合

査定額がローンの残債を下回る場合、残債は残ることになります。

ローンの返済は分割もしくは一括返済のどちらかになるため、買取査定額を残債に充当して残りを別に支払うことはできません。

その場合に備えて、買取業者では新たなローンを用意している場合があります。この場合は買取業者側が一旦立て替え払いをし、新たなローンを組んで残りのローンを支払うことになります。

残価設定ローンなどを活用してみる

買取り業者への売却に加えて、「残価設定ローン」を利用して車を購入することも考えてみることができます。

残価設定ローンとは新車購入時にローンを組み、5年後などに残った残債を一括で支払うか、車を返却するかを選べるタイプのローンです。

車を返却する際に査定額が予定されていた残価よりも高い場合には、得することもあります。

ただし残価設定ローンの場合は、買取業者への売却が難しいため、頻繁に乗り換えたい人には向いていません。

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る