今の車は本当に必要?乗っていない車でも維持費はかかる

今持っている車にあまり乗っていないという方は、気付かないうちにかかっている費用について考えてみましょう。

車は乗っていなくても費用がかかります。

車は常に外気にさらされているため、部品などは時間が経つにつれて劣化していきます。

劣化した部品は交換してから走らないと事故や異常に繋がる可能性が高くなります。

そのため、乗っていなくても定期的な部品の交換費用が必要になります。

車検も負担になりやすい

次に車検です。乗っていなくても車検は定期的にやってきます。

新車の場合は購入時から3年、それ以降は2年ごとのペースでやってきますが、一般的な普通車で10〜15万円の費用がかかるのが通常です。

少なくない額なので、乗っていない場合は本当に支払ってまで維持するメリットがあるのか検討する必要があります。

税金もポイント

もう一つかかるのが税金です。

自動車税は毎年支払う必要があり、こちらも一般的な普通車で3万円ほどになります。

これも小さくはない額で、毎年支払うには少しもったいない額ではあります。

意外と気づかないうちにそのままにしてしまっている事も多いですが、こうした費用がかかっている事に気が付くと今後車を維持するのか、売却するのか、軽自動車などの負担の軽い車に買い替えるのかを検討する材料になります。

また、浮いたお金でよりあなたの興味のある事にお金を使う事もできますし、貯蓄に回す事もできます。一度振り返って検討してみるのもお勧めです。

手放した方が良いか検討を

長く乗っていて何気なく乗っている方も多い今の車ですが、実はよく考えてみると手離す方が良い場合もあります。

その際にポイントになってくるのが毎年かかる費用です。車を持っていると様々な費用が発生します。

まずはガソリン代です。最近は原油価格も上昇しており、以前に比べてガソリン代の負担が大きくなっています。

毎月の固定費としては小さくない金額なので、できれば安く抑えたい所です。

加えて税金と車検があります。

税金は毎年自動車税があり、特に軽自動車以外の車に乗っている場合はこちらも比較的負担になりやすい額がかかります。

それに加えて車検もあります。

2年、もしくは3年ごとにタイミングがやってきますが、こちらも十万円単位で費用が必要になる場合もあり、大きな負担になりやすくなります。

このように計算してみると車を維持するには年間通してかなりの額がかかっている事が分かるはずです。

公共機関で足りるケースも

これを考えると公共機関を使う方が安上がりになる事は多いです。

意外に自分で車を持つ必要がなく、公共交通機関でもそれほど不自由なく生活できる場合もあるので、あなたのライフスタイルを振り返ってみると良いでしょう。

ざっくりとした計算ですが一般的な普通車の場合、車検がある年ではガソリン代で毎5千円、自動車税で3万5千円、車検で15万円と考えると23万5千円という金額がかかっている事になります。

公共交通機関に変える事で大きく負担を軽くできる可能性があります。

ライフスタイルに合っているか確認を

大型車に乗っている方も、今のライフスタイルを振り返ってみる事はとても大切です。

良く自分の生活を振り返ってみるとそれほど大きな車を必要とする機会がない事に気づくという方もいると思います。

大型車というと多人数で出かけたり、遠出をしたりする方も多いですが、そうした事をあまりしていないなら車を買い換えるのもお勧めです。

もちろん大型車は他の車にはないデザイン的な魅力もあるため、それが好きという方もいると思いますが、軽自動車も最近はデザインも良く、内装も広い車も多くあります。

まずはあなたの遠出をする頻度を振り返ってみましょう。

沢山遠出をしているなら大型もお勧めですが、それほど遠くない所にしか行かなくなっていれば軽自動車の方が運転もしやすく、燃費も良いです。

特に高速道路にあまり乗らなくなってきている方は軽自動車でも十分と言えるでしょう。

逆に山などによく出かけるという方は大型の方が良いでしょう。

どのくらい遠出をするのか、どこへ行く事が多いのかを振り返りましょう。

また、今の車にかけている費用を知る事も大切です。

乗り慣れてしまいあまり気付いていない方もいますが、大型車にはとても費用がかかります。

自動車税も普通車や軽自動車に比べて高く、ガソリンも燃費があまり良くないためひと月に多くの量のガソリンを必要とします。

それらを大まかにでも良いので振り返ると、かなり大きな金額になる事に気付くと思います。

軽自動車にするとこれらが大きく浮くため、下取りなどで買い替えを検討するのも一つの方法です。

ライフスタイルに合った車選びを

今の車が自分のライフスタイルに合っているかを振り返って、必要でないと判断した場合は中古車の買取り業者に買取りを依頼しましょう。

あなたが今乗っている車のモデルや状態にもよりますが、思わぬ高値で買取りをして貰える事もあります。

これを元手にして新しい車に買い替えをすれば、よりあなたのライフスタイルに合った車をお値打ち価格で購入する事ができます。

車は特に大きな買い物なのできっかけがないと購入を検討しない方も多いですが、ライフスタイルを振り返ってみた機会に検討し始めるのも良いでしょう。

また、車の買取りをしてもらう際には、なるべく良い条件の業者を探す事が大切です。

中古車の買取り業者はそれぞれで買取り価格が異なり、独自の査定基準というものを持っています。

そのため同じ状態の中古車でも買取り額に差が生じ、時には10万円ほどの価格の開きが業者の違いだけで出てくるケースもあります。

10万円というとカーナビが付けられるくらいの価格差になってくるので、これを逃すのはとても勿体ないです。

なるべく高値で買取りをして貰うには、複数の中古車の買取り業者の査定価格を比較検討する事が大切です。

その時に便利なのが、インターネットで利用できる一括査定サイトというサイトです。

お持ちの車のメーカーやモデル、状態などを入力していくと、その状態での各業者の買取り価格を一覧で見る事ができます。

これを比較して最も高値で買取りしてくれる業者に依頼するようにすれば、より好条件で買取りをして貰う事ができます。

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る