ここが査定でマイナスになるポイント:走行距離

中古車の査定でマイナス評価を受けるポイントは数多くありますが、その中でも走行距離はマイナスポイントの代表とも言えるものです。

車は走行距離が長い方が性能が新車の時と比較して低下しており、今後車体に支障やトラブルが生じる可能性も高いと言われています。

走行距離が長いという事はそれだけ多くの距離を走行している事により各パーツの劣化もありますが、長い距離を走行するのには年月を必要とし、それだけ外気にさらされている事による経年劣化も大きくなっています。

5万キロごとで一区切り

走行距離の目安としては5万キロが一つのラインとされており、次に10万キロとなっています。

5万キロごとと把握しておくと良いでしょう。

最初の5万キロまでは車の状態も良く、ほぼ新車と変わらない性能を保っていますが、そこからは徐々に劣化が始まります。

10万キロとなるとかなりの長い距離を走っていると感じる方も多いように、一般的に買い替え時とも言われる時期です。

15万キロになると中古車としての価値はかなり低くなってしまいます。

目安は10万キロ前後

走行距離が5万キロまでは買取り価格は高値を保っていますが、その時点で売却するのは少し早いという方も多く、10万キロ前後で査定の依頼を出すのが良いでしょう。

人気モデルなら多少走行距離が多くてもその他の面でプラスになるため、買取り価格は比較的高値になりますが、基本的には価格は下がりやすくなります。

買い替え時の時期を見極めながら走行距離も少し意識していくと、買取りの際に損をせずに済みます。

その他、査定でマイナスになるポイント

↓ こちらもあわせてチェックしておきましょう。

年落ち
フルモデルチェンジ
傷・修理歴
臭い
故障
改造
書類がない

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る