国産車の名前の由来一覧

国産車の名前の由来一覧です。こんな意味があったのか!とわかって興味深いです。

あなたの愛車の名前の由来も調べてみてくださいね。

トヨタ

【ヴォクシー】  

ヴォクシーは、 英語のVOX(言葉・声)から 作った造語です。BOXは英語で箱という意味です。「箱型」を連想させることと若々しい響きの語感から、BOXYと命名されました。

 
【ハリアー】

「ハリアー」は、英語の HARRIERから命名されました。HARRIERは、鳥類の「チュウヒ属のタカ」の英語の名称です。

【ノア】

「ノア」は 特別な意味はありません。人名を表し、優しい語感があります。ちなみに「ノアの方舟」のノア(NOAH)とは、関係ありません。

【アクア】

「アクア AQUA」は、英語・ラテン語の「水」から命名されました。この「水」は、ハイブリッドにも通じる「透明感のあるクリーン」なイメージと、「誰もが必要/大切にする」イメージを連想させます。

また、従来のハイブリッドカーのイメージにとらわれず、aqua(水)のように「自由な広がり」を持ち、より多くの人が楽しめるようにという願いから、名付けられました。

【プリウス】

「プリウス PRIUS」とは、ラテン語です。「〜に先駆けて」という意味から、命名されました。

【カリム】

カムリの語源は、日本語の「冠」です。「カンムリ」から「カムリ」→「カリム」と造られました。

【カローラ】

「カローラ」は、「人目をひく、美しいスタイルのハイ・コンパクトカー」をイメージし、ネーミングされました。英語で「花の冠(花の中のもっとも美しい部分、花びらの集合体)」という意味です。

【エスティマ】

「エスティマ」は、尊敬するべきという意味の「estimable」を語源に造られました。

ホンダ

【フィット】

「FIT」という英語は「ぴったり」という意味です。ホンダのフィットは、わたしたちの生活のさまざまな場面で「ぴったりとフィットする」、そんな願いが込められて命名されました。

【オデッセイ】

「オデッセイ」の語源は古代ギリシャの叙事詩「オデッセイア」の主人公であるオデッセウスが体験する10年に及ぶ冒険物語に由来し、「長い冒険旅行」という意味があります。

家族で、友達同士でワクワクするような冒険旅行に出られる車を目指して命名されました。

【ヴェゼル】

「ヴェゼル」は、英語で「カットした宝石の小さな面」を表わす「Bezel」と、車を意味する「Vehicle」を合わせた「VEZEL」という造語です。

見る角度によって見え方が変わる宝石のような魅力を備えた、多面的な魅力と価値を備えた車であるというのがその名前の由来です。

【N-BOX】

「N-BOX」には、新時代の四輪車を造り上げるというホンダの強い願いが込められています。

「N」は、ホンダが本格的な量産四輪車として世に送り出した「N360」から取られているだけではなく、NEW、NEXT、NIPPON、NORIMONOなどを連想した結果として採用されています。

【N-WGN】

ホンダならではのワゴンを「WGN」と表現したN-WGNの「N」には、次世代の軽ワゴンを造りたいというホンダの強い願いが込められており、ホンダのモノづくりの原点である「M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想」を実現させるためのプラットフォームと経済性を兼ね備えています。

マツダ

【デミオ】

デミオの車名は、スペイン語で「私の(もの)」を意味する「de mio」から来ており、「自分流の工夫をして楽しむ車」という開発陣の気持ちをこめて命名されたものです。

【CX-5】

CX-5の車名の由来は「CX」はクロスオーバー車のラインナップを、「5」はマツダの車格区分を表す記号で、CX-5より大きなCX-7やCX-9といった車種も海外では販売されています。

そして「C」一文字にはクロスオーバーコンセプト、「X」にはスポーツカーという意味も込められています。

【アクセラ】

「加速する、前へ進む」を意味する「Accelerate」、「アクセル」を表す「Accelerator」、「魅力的な、際立った、卓越した」の意味の「Excellent」を語源とし、運転の喜びに伴う若々しい感情の高鳴り「acceleration」と、無限に広がる可能性「x」を表現しています。

【プレマシー】

英語で「至上、至高」を意味する単語「Supremacy」。その言葉を名の由来に持つマツダのミニバン、それがプレマシーです。品質と機能を高次元で実現させたこのプレマシーは各市場において信頼を獲得するとともに、存在感のある固有の地位を確立できる、という自信を込めて命名されました。

【アテンザ】

イタリア語で「注意、注目」を意味する「attenzione」を名の由来に持ちます。

スバル

【レヴォーグ】

スバルの名車「レガシィ(Legacy)」。

そのレガシィの後継車とも言えるのがこの「レヴォーグ(Levorg)」です。

後継車たる由縁は、その車名にあります。

正式名称は「Legacy Revolution Touring(レガシィ・レヴォリューション・ツーリング)」なのですが、そこから「Legacy」の「Le」、「Revolution」の「vo」、「Touring」から「r・g」を繋げて作られた造語、それが「Levorg」なのです。

スバルの伝承を引き継ぎつつ、新たな革命を起こすといった意味が込められているようですね。

開発陣の熱い情熱が伝わって来る名前です。

【フォレスター】

1997年に登場したSUV車、「フォレスター(Forester)」。
「Forester」を日本語に訳すと「森林の住人」という意味ですが、オフロードからオンロードまで対応出来るこの車に相応しい名前だと思います。

余談ですが元々は「ストリーガ(Strega)」という名前で東京モーターショーに出展されていました。

しかしこの「Strega」という単語がスペインでは「魔女」を連想させるらしく、魔女狩り等の暗い歴史を彷彿とさせてしまうため、フォレスターに改名されたそうです。

【インプレッサ】

スバルのスポーツカーと言えばやはりこの車が代表格でしょう。

「インプレッサ(Impreza)」です。

「紋章」や「金言」等の意味を持つ「Impresa」という英語の「s」を「z」に変えた造語だそうです。

「印象」や「感銘」等の意味を持つ「Impression」を与える、という意味も込められているみたいですね。

【WRX S4】

WRXとは、そもそも同社の「インプレッサ(Impreza)」のスポーツモデルに付けられていた、いわばグレードみたいなものでした。

しかし3代目のマイナーチェンジによって「インプレッサ」の看板が外れ、今では「スバル WRX」として独立、インプレッサとは違う車種となったわけです。

ちなみに「WRX S4」の名前の由来ですが、まず「WRX」は

・世界ラリー選手権、通称「WRC(World Rally Championship)」の「WR」
・過去にスバルが生産していた「レオーネ」という車のスポーツグレードである「RX」

この2つを合わせた造語であると言われています。

また、「S4」は

・Sports performance
・Safety performance
・Smart driving
・Sophisticated feel

この4つの単語の頭文字である「S」が4つ、即ち「S4」というわけですね。

スズキ

【ハスラー】

「ラフロードを軽やかに走る、活き活きと走る」というイメージから、かつてスズキが製造していた「TS」というオフロードバイクの愛称である「ハスラー」をそのまま流用したとの事です。

ちなみにこの「ハスラー(Hustler)」というバイクには「ギャンブラー」という意味が込められていたようですね。

【ワゴンR】

スズキの軽と言えばこの「ワゴンR」でしょう。
「ワゴン」はそのまま形状を示しますが、「R」は

・Revolutionary(画期的な)
・Relaxation(くつろぎ)

の二つのRを指すそうです。つまり、「画期的でくつろげるワゴン」という意味が込められているようですね。

また、ワゴンRにはもう一つの意味があります。

セダンもあるけど、ワゴンもある。

「ワゴンもあーる」から「ワゴンR」になったという逸話もあり、スズキの遊び心が感じ取れます。

【スペーシア】

「スペーシア(Spacia)」はその車内の広さを強烈にアピールするべく、「空間」を意味する英語「Space」を基にした造語です。

車内空間の広さだけではなく、「経済性と広さ・使い勝手で、笑顔があふれる家族のスペース」というスズキの思いも込められています。

【スイフト】

国内ではパトカーとしても使用されているスズキ「スイフト(Swift)」。

Swiftを日本語に訳すと「軽快」「快速」と、この車に相応しい意味が込められています。

余談ですが同社が2002年まで製造していた「カルタス」という車の輸出名が「Swift」でありました。

このため、海外では馴染みのある名前になっています。

日産

【エクストレイル】

エクストレイルの「X」は、スノーボードやスケートボードなど、若い人に人気の「Extreme Sports」の頭文字、「TRAIL」はオフロードの荒れた道、足跡などを表わしています。

「X」と「TRAIL」を合わせた造語であるエクストレイルがこの車のイメージとなっています。

【レセナ】

セレナは「晴ればれとした」、「穏やかな」という意味を持つスペイン語の「Serena」に由来します。

快適で楽しい走りの世界をイメージしています。

【リーフ】

リーフの由来は、葉を意味する英語の「Leaf」から来ています。

日産が世界に誇る電気自動車にふさわしく、植物の葉が大気を浄化するイメージをよく表しています。

【ノート】

ノートという名前は、毎日をリズミカルに楽しく過ごすという意味を込めた音符を表わす「Note」と、楽しい日々を記録しておくという意味合いの「Note」を掛け合わせてイメージしたNoteに由来します。

【エルグランド】

エルグランドの名前には、英語の「The」にあたるスペイン語の「El」、そして偉大なという意味を持つ「Grand」が組み合わさっています。

その造語は新世代の最高級ワンボックスカーを表わすために日産が冠したものです。

ダイハツ

【タント】

「タント Tanto」とは、イタリア語が語源です。「とても広い・たくさんの」という意味があり、たくさんの幸せをもたらす車でありたいという願いが込められています。

【コペン】

「コペン Copen」は、Compact(コンパクト)とOpen Car(オープンカー)が合わせて造られた言葉です。Cupe とOpen(クーペとオープン)の両方の良さを持ちあわせたいという願いが込められています。

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る