庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車

庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。

マクラーレンP1

購入の対象になるというよりも、夢の車として考えられているのがマクラーレンP1です。

まずマクラーレンP1を購入するためには、マクラーレンのショールームに足を運ぶ必要がありますが、全国各地にあるわけではなく、ショールームは東京のみになります。

そこにはマクラーレンP1よりもお値打ち価格の車が展示されていますが、それらも数千万円します。

まずその1億円を超える価格にも驚かされるのですが、さらに世界で375台の限定生産であること、その中で日本に割り当てられる台数にはさらに限りがあることを考えると、さらに夢のまた夢になってしまいます。

マクラーレンと言えば、言わずと知れたF-1マシンを制作している会社であり、マクラーレンP1にはF-1マシンに搭載されているテクニックや素材が盛り込まれています。

カーボンコンポジット製のモノコック、3.8リッターのV8エンジンなどによって、最高速度は350キロに達します。

試しに1億円を持ってマクラーレンのショールームに行っても、「お売りできません」と言われる可能性が高いのが現状です。

まず1億円持って行くことが夢の世界の話ですが、マクラーレンP1は以前にマクラーレンF1を購入した顧客に対して優先的に販売されます。

名門ブランドの限定車を購入するためには、支払い能力の審査だけではなく、これまでのマクラーレンとの関わりにおける実績が大きく関係してきます。

だからこそ夢の車としての位置付けをしっかりと保つことができるわけです。

1億越えのマクラーレンP1は、夢のまた夢なのです。

ヘネシー・ベノムGT

まさにスーパーカーとしての名にふさわしいのがヘネシー・ベノムGTです。

その価格もスーパーですが、世界一の性能についても注目が集まっています。

ヘネシー・ベノムGTは、アメリカのヘネシー・パフォーマンス社になりますが、有名高級スポーツカーのチューニングを行なっている会社が「べノム」をベースに開発した車です。

ヘネシー・パフォーマンス社自体は、他の自動車メーカーのようにメジャーな存在ではありませんが、そのモノづくりには世界中の大富豪たちの目が集まっています。

2014年には、ヘネシー・ベノムGTが時速435キロをたたき出しました。

ギネス記録上には残っていないものの、世界最速のスーパーカーには1億もの価値があるのも納得です。

最近では新型のF5がさらなる性能を持っているために、この最高時速を塗り替えるものと思われていますが、そのスペックを見てもたしかにヘネシー・ベノムGTは夢のまた夢の車です。

最高馬力が1200にも達するそのパワーの源は、V型8気筒の7リットルツインターボです。

マニュアルは6段階になっています。

驚きはその車体重量で、なんと1.2キロ強となっています。

ヘネシー・ベノムGTに飽き足らず、自分好みにカスタムして乗るための注文をヘネシー・パフォーマンス社に出している有名人がいます。

たとえばエアロスミスのスティーブン・タイラーは、ヘネシー・ベノムGTのオープンカー仕様を注文して、スティーブン・タイラーのワイルドなイメージをさらに引き立てています。

カスタム注文ができるとは、羨ましい限りです。

夢のスーパーカーは、残念ながら庶民にとってはただの憧れの存在なのです。

ゼンヴォ ST1

ここ最近、庶民には夢のまた夢のところに位置するスーパーカーに、デンマークからゼンヴォ ST1が加わりました。

価格はやはり1億円を超える見通しで、超高級車として眺めることになります。

デンマークのゼンヴォオートモーティブ社がスイスのジュネーブで開かれたモーターショーにおいて発表したゼンヴォ ST1は、その性能と販売予想価格ゆえに大きく注目されました。

この会社のスーパーカー開発の歴史は10年ほどであるにもかかわらず、既存のスーパーカーの概念に縛られることのない大胆なエッジを効かせたフォーム、カーボンファイバー製のボディなどを盛り込んで、重量を1.6キロ台に仕上げています。

その心臓部にはGM社製の6.8リットルのエンジンを積んでおり、ターボとスーパーチャージャーのダブル過給になっています。

最高時速375キロは、スポーツカーとして十分の性能であることを物語っています。

世界でもっとも高価な車のランキングや、死ぬまでに一度は乗ってみたい車ランキングの上位に位置する、まさに夢のような、でも実際に存在する車なのです。

超高級車であると共に、スーパーカーの名前を冠するためには、その価格だけではなく性能が評価されなければなりません。
スーパーカーの性能を測るうえで大切な要素となるのがスピードです。

7.0リットルに限りなく近いエンジンからのパワーで、現在のところ世界でもっとも速いスーパーカーとして6位入賞を果たしています。

性能がよく、しかもすべてがハンドメイドで制作されている希少性の高いゼンヴォ ST1に乗る日が来ることを祈りたいものです。

マイバッハ ランドレー

車の価格が1億円を超えると、もうそれは庶民にとっては高根の花というよりも幻に近いレベルになります。

マイバッハ ランドレーは、そんな夢のような超高級車には必ず名を連ねる1億円を優に超える車です。

マイバッハ社は、第一次世界大戦前の1909年の操業を開始したドイツの自動車メーカーですが、1960年代にダイムラー・ベンツの傘下に入りました。

その後、「マイバッハ」の名前を残した超高級車が販売されるに至っています。

マイバッハ ランドレーは、マイバッハのオープンリムジンモデルとして投入されています。

車としての性能はそのままに、大型のセダンでありながら後部座席部分のルーフを大胆にボタン1つで開閉することができ、ソフトトップでありながら遮音性に優れた構造になっていますので、超高級セダンの乗り心地、快適な車内空間はそのままに保たれています。

時速が70キロに達すると、ウィンドリフレクターが自動で立ち上がるため、ルーフ解放時の快適さをそのままに、風の巻き込みを防ぐ構造になっています。

エンジンは5.5リットルのV型12気筒という、重厚感のある超高級車に最適なエンジンを積んでいます。

超高級車の場合、購入のための価格が特別であるだけでは済まず、すべてが特別になっています。

かつて日本では、マイバッハのショールームを訪れるためには完全予約制でした。

いまではショールームが閉鎖されていますが、超高級車を購入するプロセスも、庶民にとっては想像を超えた世界となっています。

ハンドルは左だけではなく右モデルもあるので親しみやすいのですが、その価格は親しみやすいものではありません。

ラ・フェラーリ

フェラーリは、車好きではなくてもだれもが知っているイタリアの超高級スポーツカーを製造している会社です。

ここにきて、さらにフェラーリ社から夢のまた夢のハイブリッドカーが誕生しました。

その名はラ・フェラーリです。

ハイブリッドカーとして二酸化炭素排出量を半分に抑えたにもかかわらず、従来のモデルに比べて遜色ないばかりか、パフォーマンスが上がっているところが注目に値します。

2つのモーターがバッテリーに接続されており、減速時には発生する電力をバッテリーに蓄積することができるようになっています。

ポルシェやマクラーレンなど、超高級スポーツカーのメーカーから次々とハイブリッドカーが送り出されている中にあって、ラ・フェラーリは3大ハイブリッドスーパーカーに数えられるほどの存在です。

ハイブリッドのラ・フェラーリには、現在フェラーリ社が持っている技術のすべてが搭載されているということで、市販モデルでもあるだけに大富豪の間で人気のハイブリッドカーになるはずです。

庶民の間でも、その経済性からハイブリッドカーという選択が増えていますが、ラ・フェラーリの場合は経済的観点から選ぶような車でないことは言うまでもありません。

これから売れていくと言っても、優に1億を超える車であるだけではなく、ラ・フェラーリは世界で合計499台の限定生産となっています。

そのうち日本への割り当ては45台となっています。

ラ・フェラーリを購入するための条件として、すでにフェラーリ社の車を5台以上有していることが挙げられるなど、仮に購入するだけのお金を集めてもハードルが高すぎる、夢のスーパーカーなのです。

ランボルギーニ・レヴェントン

夢のまた夢の超高級車は、その価格が夢のようであるだけにとどまらず、世界で限定販売されることによってその希少性が保たれています。

そのような中、なんと1億を超えるスーパーカーで、しかも世界限定20台という驚きのスーパーカーがありました。

それがランボルギーニ・レヴェントンです。

ランボルギーニという名前はあまりにも有名ですが、そのなかでもランボルギーニ・レヴェントンはステルス戦闘機をモチーフにしたとデザイナーが公言しているほど、独特のフォームだけで人目を惹くには十分すぎるほどです。

ランボルギーニ・ムルシエラゴがベースとなっており、かなり少ない20台という限定のうち1台が日本に輸入されています。

ランボルギーニ・レヴェントンがイタリアから購入者のもとへ空輸される様子は、世界中の注目を集めることとなりました。

木製のコンテナに袋詰めにされた、まるで高級ミニカーのようなパッケージで届けられています。

ランボルギーニ・レヴェントンには、外装がカーボンボディとなっています。

この車でのカーボンボディの採用は、今後の市販車の中心をカーボンボディにするかどうかの実験とも言われています。

ただしこれは夢のようなスーパーカーの世界の話であって、一般大衆モデルにカーボンボディが採用される日まで、わたしたちはもしかすると生きていないかも知れません。

日本国内でランボルギーニ・レヴェントンを見かけたら、「あれが噂の超高級車か」というより、「日本国内に1台しかない車を見た」という感動を味わってください。

アストンマーチンOne-77

憧れの自動車メーカーの中には必ずイギリスのアストンマーチンが入ってきます。

そのアストンマーチンが発表したOne-77は、庶民にとっては夢のまた夢、想像の世界に位置する車です。

大排気量の自然吸気エンジンをクーペ型に積み込んでいる点で特徴的なアストンマーチンですが、その車を街中で見かける機会はほとんどありません。

なぜなら、それが1億円する車だからというだけではなく、その名前通り世界で77台しか購入者がいないからです。

もちろんその77台は完売しています。

信じられないことに、中東のドバイではアストンマーチンOne-77がパトカーとして用いられているという報道がなされましたが、その多くはすでに超高級外車を複数所有している大富豪のもとへと渡っています。

アストンマーチンOne-77では、これまでのアストンマーチン社製のスーパーカーに搭載されていたエンジンよりも1割近い小型化が目標にされていましたが、最終的にそれ以上の小型化に成功しただけではなく、最大出力も当初の目標より大きい750馬力をたたき出しています。

アストンマーチン社製の車を購入するのは夢のまた夢でも、日本の主要都市にはショールームがありますので、その雰囲気を味わうことができます。

残念ながらアストンマーチンOne-77は完全限定生産のため、モデルカーが置かれていることはありません。

車自体の性能はもちろんのこと、クーペタイプの理屈抜きの美しさに魅了されるお金持ちの間ではアストンマーチンが広く支持されています。

庶民にとっては、支持したくても先立つものが伴わないのが現状です。

パガーニ・ゾンダ・チンクエ・ロードスター

世界最速の車の中には必ず含まれる車、1億円を超えるにとどまらず2億に近づく車、限定生産という話になってくると、庶民にとっては夢のまた夢です。

そのような車の1つに数えられるのが、イタリアの超高級車:パガーニ・ゾンダ・チンクエ・ロードスターです。

なんと言っても夢の世界と言えるのは、その金額よりも世界限定5台という狭き門です。

これはもともとゾンダFをベースにして作られており、そこにゾンダRの要素を加えたスペシャルモデルになっています。

限定5台になっているのは、香港のディーラーによる特別の要請で制作されたモデルによるもので、2009年のジュネーブにおけるモーターショーで公開されました。

パガーニ・ゾンダ・チンクエ・ロードスターと命名されたわけですが、この名前自体に限定5台ということがはっきり示されています。

イタリア語で「チンクエ」は5という意味なので、この名前はその車が手の届かない所にある物であることを誇示しています。

このパガーニ・ゾンダ・チンクエ・ロードスターが夢のスーパーカーとしてスペシャルなところは、挙げだすと切りがないのですが、それでもほかのスーパーカーとの差別化を図るとすれば、独特の軽量化が図られていることによって、車体重量が1210キログラムに抑えられている点にあります。

その重厚感あふれるボディからは想像できませんが、カーボンやチタン、マグネシウムを上手に用いることによって軽量化と高級感の演出を実現させています。

ブガッティ・ヴェイロン・レジェンド・メオ・コンスターニ

日本国内でも世界に目を向けても、高級車というカテゴリーが存在しますが、さらにその上を行く庶民には理解不能なレベルの超高級車が世界中には複数存在しています。

そのような中で、1億円を超えるのは当たり前、世界中の車を総合して考えてもっとも高額なクルマの話になると、そこにはブガッティ・ヴェイロン・レジェンド・メオ・コンスターニが指で数えられるくらいに位置します。

ブガッティは世界的にも名が知られているイタリアのブランドですが、そのブガッティが展開しているレジェンドシリーズの第3弾にあたるのがこのブガッティ・ヴェイロン・レジェンド・メオ・コンスターニです。

その価格は、50代が完売したときの価格で日本円にして2億8000万円です。

メオ・コンスターニという名前は、ブガッティの創業者の親友で、2度もタルガ・フローリオ・チャンピョンを獲得したドライバーの名前をそのまま冠しています。

ブガッティ・ヴェイロン・レジェンド・メオ・コンスターニのボディは、鮮やかとした言いようがないトラディショナルなフレンチブルーで、人目を引くリアウイングの下にはタルガ・フローリオのコースが描かれています。

さらにメオ・コンスターニのサインがシートに入れられており、明確なコンセプトに基づいて制作されているレジェンドシリーズにふさわしいこだわりの車になっています。

富裕層の間では、「ブガッティ・ヴェイロン・レジェンド・メオ・コンスターニで走るより、プライベートジェットを飛ばすほうがはるかに安上がり」と言われています。

ライカン・ハイパースポーツ

超高級車の中でのさらに超高級であると言えるライカン・ハイパースポーツは、日本円で3億円を優に超える、まさに庶民にとっては夢のまた夢の世界を走る車です。

ライカン・ハイパースポーツは、アラブ首長国連邦の自動車メーカーであるWモーターズが製造している車ですが、限定販売となっています。

世界中で合計7台の限定生産であることが発表され、その価格が日本円で3億4000万円くらいになることが知らされたにも関わらず、世界各国から100件を超える申し込みがあったというほどの反響を呼んでいます。

Wモーターズは自社で自動車の製造ラインを持っていてエンジンなどを制作しているわけではないので、外部の自動車メーカーからの供給を受けてスーパーカーを完成させています。

ライカン・ハイパースポーツに搭載されているエンジンは、ポルシェのチューニングを手掛けている会社の6気筒水平対向ツインターボで、最高速度は時速400キロに限りなく近づいています。

そのエンジンだけではなく、内装には世界中の大富豪たちも驚きの声をあげます。

ダッシュボードには金とダイヤがちりばめられ、シートは上質の皮、内装に用いられている時計も2000万円近くの価値があるものとなっており、走行性能に優れたスーパーカーのさらに一歩先をいく贅沢の限りを尽くした車となっています。

ライカン・ハイパースポーツは鍵に至るまで贅沢さがみられ、カーボンファイバー、チタン、宝石などで装飾されています。
世界で7人だけがその鍵を握り締めることができる、夢のようなスーパーカーです。

ランボルギーニ・ヴェネーノ

とげとげしい、毒を持っているような印象を与える夢のスーパーカーがイタリアで生産されました。

その名はランボルギーニ・ヴェネーノ、イタリア語で「毒」を意味するその車には、庶民が決して手を触れる機会は訪れないことでしょう。

ランボルギーニ・ヴェネーノは、同じくランボルギーニ社が制作しているアヴェンタドールをベースとしています。

この車が制作された背景には、ランボルギーニ社創業の50周年を記念する意図があります。

2013年、スイスのジュネーブにおいて初めて公開され、その価格は驚きの4億円、限定数はさらに驚きの3台という発表になりました。

日本国内で幸運が重なっても、ランボルギーニ・ヴェネーノを目にする機会はありません。

3台ともアメリカに渡って行ったからです。

ランボルギーニ・ヴェネーノという名前の通り、とことん攻撃的な性能を誇る究極の1台に仕上がっています。

6.5リットル12気筒のパワーユニット搭載のエンジン、超高速シフトの7速インディペンデント・シフティング・ロックトランスミッション、フルタイム4WD、走りの印象を強めるレーシングシャーシなどが特徴的です。

その中でも最大の特徴は、すべてのシャーシにおいてCFRPモノコック構造が採用されている点です。

これはカーボンファイバー素材における独自の研究を積み重ねてきたランボルギーニのみが成せる業で、お金をつぎ込めば達成できるものではありません。

ランボルギーニ社の節目となる年に、同社の技術や特許を取得したシステムが最大限に発揮されたランボルギーニ・ヴェネーノが賛辞を送る結果になっています。

パガーニ ウアイラ

多くの夢のようなスーパーカーを送り出しているイタリアから、2011年に発売されたのがパガーニ ウアイラです。

この車はパガーニ・アウトモビリ社が2010年まで生産していたパガーニ ゾンダの後継モデルとして発表されました。

パガーニ ウアイラは、これまでフェラーリやランボルギーニをスーパーカーの定番と考えていた方たちの固定概念を大きく覆す芸術的なスーパーカーとなっています。

走行性能はもちろんのこと、停車時、ドアの開閉に至るまですべての側面において美に対する洗練された意識が盛り込まれています。

とくにルーフ中央まで開くことのできるガルウィングは圧巻です。

ゾンダの後継車という位置ながら、ガルウィングも含めて、カーボンチタン製のモノコック、パワートレインなどパガーニ ウアイラ用に刷新されたものとなっています。

エンジンに関しても、ゾンダでは自然吸気でしたが、今回はメルセデスベンツAMG製の6リッターV12ツインターボがその心臓部に搭載されています。

芸術性にとことんこだわったスーパーカーとして、細部に至るまで芸が細かくなっています。

たとえばモノコック周辺に使用されているチタン製ビスのすべてには、パガーニ・アウトモビリ社のロゴが刻み込まれています。

スーパーカーに乗っているのに、車内ではまるで高級な芸術性に富んだ建造物の中にいるような感覚になります。

限定生産ではないため、日本においても正規代理店を通してパガーニ ウアイラを手に入れることができます。

とは言っても、庶民にとっては夢のまた夢のスーパーカーです。

ケーニッグゼグ・アゲーラR

ケーニッグゼグ・アゲーラRは、北欧スウェーデン発のスーパーカーです。

ケーニッグゼグ社が開発したオリジナルエンジンの5リッターV型8気筒ツインターボを搭載し、ケーニッグゼグ・アゲーラのスペック強化モデルとして発表されたのがこのアゲーラRです。

アゲーラRは、停止状態から時速300キロに到達するまでのタイムなど、いくつかの点で世界記録を樹立するほど、その走行性能には際立ったものがあります。

これまでは超加速を楽しむことのできる夢のスーパーカーとしてフェラーリやランボルギーニの名前を挙げる人が多かったのですが、思わぬ刺客が北欧からやってきました。

その加速は、フルチューンの日産GT-Rと比較しても遜色ないものですが、庶民にとっては比較する機会など訪れません。

ケーニッグゼグ・アゲーラRのライバル車はブガッティ ヴェイロンに絞られ、その走行性能を凌駕するために熱心なスペック強化が図られてきました。

2013年型では、最高出力がさらにアップして1140馬力に達し、許容回転数も上がりました。

足回りやサスペンションの強化によって、じわじわと進化を続けています。

日本においても2008年まで正規輸入代理店であるケーニッグゼグ・ジャパンがありましたが撤退しており、現時点では正規の代理店は存在しません。

しかしケーニッグゼグ社CEOの来日が2014年に実現し、再進出に前向きの姿勢を示しています。

正規輸入代理店が再設置されても、庶民にとっては夢のまた夢にあたるスーパーカーです。

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る