スズキ スイフト の概要/特徴

ススギのスイフトは小型のハッチバックです。

ハッチバックとは車の搭載性能を上げるためにリア部分、つまり荷台部分のドアを跳ね上げ式や横開け式にして、開口部を広くとった車のことです。

つまりスイフトは小型でありながらラゲッジスペースへのアクセス性がとても良い車ということが特徴になります。

初代のスイフトは2000年に登場し、ワゴンRの基礎を踏襲したモデルでした。

その後世界展開のためにリニューアルを行い、結果として全世界で高い評価を得ることになったスズキの代表モデルです。

駆動方式はFFと4DWのものが揃っていて、足回りがしっかりとした運転感覚を希望する方は4WDのタイプを選ぶことが多いです。

初期型は警察にも導入され、パトロールカー仕様として用いられたほど、安定性と信頼性、そして走行性能が高い車になっています。

モデルチェンジした後はフォルムが一新されていて、車高を低く、天井を高くして車内スペースにさらにゆとりが増しています。

居住性と共に走行性能にも磨きがかけられていて、重心の安定性などが向上しています。

デザイン的にも優れていて、グッドデザイン賞を受賞した経歴もあります。

モデルが進むにつれて燃費性能やボディカラーが増えていき、オプションもさまざまなバリエーションが存在するなど、スズキの代表モデルとして幅広く流通しています。

スイフトの電気自動車まで登場するなど、今後もさまざまなバリエーションが増えていくことが期待されていますし、これまでに発表された各モデルにおいてそれぞれが高い完成度であることは間違いありません。

スズキ スイフトの車名の由来

国内ではパトカーとしても使用されているスズキ「スイフト(Swift)」。

Swiftを日本語に訳すと「軽快」「快速」と、この車に相応しい意味が込められています。

余談ですが同社が2002年まで製造していた「カルタス」という車の輸出名が「Swift」でありました。

このため、海外では馴染みのある名前になっています。

スイフトの動画(YouTube)

スイフトのウェブサイト

http://www.suzuki.co.jp/car/swift/

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る