ローンの残っている車の下取りについて

今持っている車のローンの支払いが済んでいないけれど、車の買い替えが必要になったなどの理由で下取りを検討する方もいます。

通常は車を売却したり買い替えをしたりするにはローンの支払いを終えている必要があります。

ですが、こうした事情の方が多くいる事から業者ではローンが残っていても買い替えができる仕組みを作っています。

上手く活用する事で新しい車にこれからでも乗る事ができます。

下取りができる仕組み

仕組みとしては下取りで今の車を買い取ってもらう際に、買取金額を現在残っているローンの返済に充てるという形を取ります。

買い取り金額がローンの残金を上回っている場合は返済額を差し引いた金額があなたの手元に残る事になります。

特にローンが残っているという事は車も比較的新しい状態なので、買取金額も大きく値下がりしていない場合が多いです。

そのためローンの残債を全て返済して、少し余裕が残るというケースも比較的あります。

こうした仕組みで車の買い替えを上手く行う事ができます。

人によって状況は異なりますが、車を購入したけれど子供が生まれて状況が変わってきた、車を費用面などの事情によって軽自動車に買い替える必要が出てきたなどの理由で買い替えを早期に検討する方が多くなっています。

こうしたローンが残っていても下取りをしてくれる業者は多くあり、業者によってもその流れも変わってくるので、最終的に検討する際は業者に確認するようにしましょう。

ローンが残っている場合の下取り、残りの返済は?

ローンが残っている状態で下取りをしてもらう場合、残債に買い取り金を充ててローンを返済するという形が取られますが、ローンを買取金額で完済できる場合は良いですが、ローンに買取金額を充てても残る場合もあります。

この場合は大きく二通りの方法があり、残った金額を現金で一括返済するという形と、残った金額で再度ローンを組むという方法があります。

あなたの状況に応じてどちらかを選ぶと良いでしょう。

現金一括の場合

残金を現金で一括返済する方法は、次に新たに購入する車のローンもあるため、前の車の分は一旦全てなくしておく事ができ、今後の負担が軽くなるというメリットがあります。

残った分が比較的少なめの金額の際はこの形がお勧めです。

ローンが残っている間に車を売るなら比較的新しい状態で高値で売れる事も多いので、残金もそれほど大きくない場合は多いです。

ローンを再度組む場合

もう一つの残金で再度ローンを組む場合は少し一括で支払うには難しい場合にお勧めです。

毎月の支払いは残りますが、一度に大きな負担がくる事がないため比較的楽に支払いをしていく事ができます。

気を付けたいのは次の車の支払いもあるという事です。

今の車と新しい車のローンが合わせてかかる形になるため、返済計画はしっかりと立てて滞らないようにしていきましょう。

二つの場合いずれにしても、残ったローンがあったとしても新しい車に買い替える事は可能なため、検討している方は活用していきましょう。

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る