中古車を買うときに準備するもの

中古車を購入する際、いくつかの書類を準備する必要があります。

初めて中古車を購入する方は、少し戸惑ってしまうかもしれません。

いくつかの書類はないと契約できませんので、前もって用意しておきましょう。

購入の際に必要なものは下記となります。

・実印
・印鑑証明書
・住民票(中古の軽自動車購入時)
・駐車場(車庫証明書)
・自動車検査証
・委任状
・譲渡証明書

【実印】
あらかじめ住んでいる市町村役所で印鑑登録しておく必要があり、シヤチハタやゴム印以外なら登録可能です。登録ができたら印鑑証明書も発行してもらいましょう。手数料は数百円です。

【住民票】
役所の窓口で発行してもらえますので、印鑑登録証明書の発行と一緒に手続きしましょう。

【車庫証明書】
最寄りの警察署で発行可能です。駐車場または自宅の車庫、どちらに保管するかによって手続きに必要な書類が変わります。警察に問い合わせて聞いてみるのも良いでしょう。

【自動車検査証】
通常自動車検査証は販売店で保管されているため、こちらで用意することはありません。

【委任状】
委任状は陸運局で手続き可能ですが、かなり複雑なので販売店へ依頼するのが一般的です。

【譲渡証明書】
お店が用意してくれる場合がほとんどです。

お店が準備してくれるもの

中古車を購入するときは、準備する書類がたくさんあります。

自分で揃えたり、手続き可能だったりする書類も少なくありませんが、中には準備が必要で複雑なものも含まれています。

委任状は自分で手配できるものですが、これらの手続きを自分でおこなうメリットは、手数料を最小限に抑え、費用を節約できることのみです。

分かりづらく、手続きが終わるまでには時間がかかってしまうでしょう。

このような手続きや書類の発行は、販売店が準備してくれる場合もあります。

中古車の購入が初めての方は、すべてお店に代行してもらうことをおすすめします。

販売店側で準備してくれるものは、

・自動車検査証
・委任状
・譲渡証明書

です。

委任状などは代行手数料が数千円ほど必要になりますが、自分で手続きするよりも簡単かつスムーズにおこなってくれます。

中古車の車検が切れている場合、お店が新しい自動車検査証を発行してくれます。

書類の発行や手続きをお店に任せることは、大きなメリットになります。

自分で手続きするときと違って手間もかかりませんし、納車までの時間を短縮できます。

書類の不備で二度手間になることも避けられるでしょう。

販売店によって、こちらが準備する書類が変わることもあります。

中古車を購入する際は確認しておきましょう。

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る