中古車は試乗できる場合とできない場合がある

中古車は購入する前にチェックすべき項目がいくつもありますが、試乗できればより多くのことを知ることができます。

しかし、中古車は試乗できる場合もあれば、逆に試乗できないこともあるのです。

実際に試乗してから購入を考えたら良い、と販売店へ出向いたら不可能だったというケースも珍しくはありません。

この点にしっかり注意してから中古車を見に行く必要があります。

買い換え予定の方は、新車購入時と同じ感覚でお店に足を運ばないようにしましょう。

販売店により事情が異なる

中古車に試乗できない理由は販売店によりさまざまありますが、まず挙げられるのが車検切れです。

中古車は車検が残っていることもあれば、そうでない場合もあります。

車は車検を通していないと公道を走ることができず、店舗の敷地内に限られてしまいます。

ですが、小さなお店の場合は敷地も狭く、運転できるコースやスペースもないため試乗を断っていることがあるのです。

車検切れの中古車は試乗が難しいことも念頭に置いておきましょう。

事故や故障の可能性が捨てきれない

また、試乗して事故が起こったり、車が故障してしまったりする可能性も捨てきれないことも理由となっています。

試乗した中古車が保険に入っていない場合、事故や修理にかかる費用は全て自己負担となるのは明白です。

お店にとって損害ですし、搭乗者も大きな出費となりかねません。

ほかにも車を店頭に並べてから売れるまで、きちんとした整備をおこなっていないことも試乗できない理由になってます。

予め試乗できるか確認しておく

中古車に試乗できるかどうかはお店によって判断が異なります。

もし試乗を希望するのであれば、最初にお店へ連絡を入れ、しっかり確認することが重要です。

断られてしまう可能性も捨て切れませんが、試乗できるように準備してくれることもあります。

新車を購入するならディーラーで申し込めば問題ないものの、中古車の場合は必ず確認するようにしましょう。

連絡を入れたり、確認を取ったりするのが面倒と感じてしまうかもしれません。

しかし、中古車の販売店は、敷地内に車がところ狭しと陳列されています。

お店によっては車の出し入れのスペースが狭く、敷地も限られています。

もし突然試乗したいと言われても、すぐに対応することができません。

これはほとんどの中古車販売店に当てはまります。

狭いスペースで試乗したら、展示している車を傷つけてしまったり、来店しているほかの人に迷惑をかけてしまったりすることもあるからです。

このような理由から、試乗前には連絡を入れることが重要と言えます。

中古車販売店の規模は大小さまざまです。

かなり大規模な店舗になると、試乗専用のコースを敷地内に設けている場合もあるものの、ごくまれなケースと言えます。

試乗するためには、車の点検や整備などの準備も必要です。

これらはすぐに終わるものではなく時間がかかります。

試乗を希望する場合、来店当日ではなく最低3〜4日前に確認しましょう。

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る