車検費用をできるだけ安く抑える方法

車検はさまざまな費用がかかります。

車種によっても若干違いが出てきますが、一般的な普通車であれは8万〜10万円ほど必要です。

車検の回数は数年に1回とはいえど、場合によってはかなり高額に感じる方も少なくはないでしょう。

週末しか車を運転しない方は、維持費のほとんどを車検費用が占めることになります。

車両検査費用と法定費用

一般的な車検でかかる費用は、大まかに

・車両検査費用
・法定費用

に分かれます。

この2種類のうち、法定費用は重量税や自賠責保険料、車検時に購入する印紙代が該当します。

自賠責保険料などは定期的に見直されているため、車検の時期によっては少々高くなることがあります。

重量税は排気量など車種によって金額がかなり異なります。

一般的に排気量が小さい軽自動車がもっとも安く、2リッタークラスなど大型の車種は税金が高くなります。

車両検査費用は業者による

車両検査費用は、いわゆる車検代に相当します。

細かな内訳としては、

・車両の点検整備費用
・検査費用
・業者に支払う代行手数料

などです。

車検にかかる費用の大半は車両検査費用が占めています。

依頼する業者によって費用が大きく異なるのもこれが理由です。

点検整備項目の数や、取り付けているパーツなどによってかかる費用は変わります。

改造車は特に高くなりがちなので注意が必要です。

車検費用を安く抑える方法

車検費用は10万円を超えることも珍しくありません。

軽自動車などはそこまで高くなるケースは少ないものの、税金や自賠責保険料を含めると7〜8万円ほどはかかります。

車検費用はある程度の相場も決まっていますが、うまくすれば車検費用を数割安く済ませることもできるのです。

車検は車の維持費の多くを占めていますので、長い目で見ると大きな節約効果を生み出します。

浮いた分をガソリン代に充てたり、新しいパーツの購入費用に充てたりしても良いでしょう。

車検は車両検査費用と法定費用に分類できますが、法定費用は節約することができません。

そのため、一般的には車両検査費用をいかに安く抑えるかが重要になっています。

業者によって費用が大きく異なるため、少しでも安いところを選ぶのが一番節約になるでしょう。

また、車検にもディーラー車検やユーザー車検など、いくつかの種類があります。

種類の違いでも費用が大きく変わりますので、車検の方法を比べて選んでみることも大切です。

ユーザー車検で車検費用をおさえる

もっとも費用が安くなるのはユーザー車検です。

費用は法定費用のみしかかからず、自分で車検をおこないます。

時間が丸1日取れる方はユーザー車検に挑戦するのも良いでしょう。

ディーラーへ委託せず、民間業者を利用する方法も安く済ませることができます。

専門の代行業者もあれば、ガソリンスタンドやカー用品店で車検をしてもらえることもあります。

車両検査費用が安い業者を選べば、トータル6万円前後で済む場合も珍しくありません。

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る