車検の基礎知識:そもそも車検とは何をするのか

車を持っている方は必ず行わなければならない車検ですが、車検とは名前の通り車の検査が行われます。

車は道路で走っていると非常に早いスピードが出せる乗り物です。

しかも歩行者などの人とも接触をする危険性もあるので、安全に走れる事が点検により確認されないまま走っていると非常に危険なのです。

そのため、定期的に検査をする事でその安全性のチェックが行われます。

所有権の確認の意味も

同時に車の所有権を認めて貰うという事も行われます。

車は大きく、もし何か事故やトラブルが行った時に、その車が誰の物なのかという事を登録によって分かるようにしておくのです。

その所有権の更新についても車検の際に行われます。車検は初回は3年後、その次からは2年ごとに行われます。

新車を購入してから3年後、7年後、9年後という形で定期的に車検をして貰う事になります。

車検が期限切れの車は公道を走ってはいけないという事が法律で決められています。

車検の内容

車検では車に異常がないかの検査が行われます。

法的に基準が設けられておりその基準に従って点検がされ、全てをクリアしていれば車検が通るという事になります。

また、合わせて各種費用も支払う必要があります。

自賠責保険料という保険料と自動車重量税という税金も支払います。

車検の期間は1日で終える場合もあれば数日間かかる場合もあります。

依頼するお店によって変わるため確認しておきましょう。

費用は一般的な普通車であれば保険料、税金、車検を通すための整備費用含めて10万円から15万円になる場合が多いです。

なぜ車検をしなければいけないのか

車検は車を乗る方にとって絶対に必要なものですが、その費用の高さからなぜ必要なのか疑問に思ってしまう方もいるかもしれません。

10万円ほどの費用を支払う必要がなぜあるのかという事ですが、車の安全性を確保するためです。

車は何も異常が起きていない時には問題ありませんが、トラブルになると非常に危険にもなる乗り物です。

事故が起こると人の命に関わる事もあり、安全に乗れる事を確認しておかないととても危険なのです。

もし点検が行われないまま公道を走っていれば、その車はいつ故障してもおかしくない状態で走る可能性も出てきます。

普通に乗れている時は良いですが事故をしてからでは遅いのです。

起こってしまえば大きなトラブルになってしまう事が多いので事前に防ぐために車検が存在しているのです。

そのため、面倒と思ったり費用的に負担がなる事はありますが、車検は我慢して通すようにしましょう。

また、もし車検が必要なければ、車が誰のものか分からなくなる可能性も出てきます。

車の所有者を明らかにしておく事はとても大切で、トラブルなどがあった場合には所有者の方に責任が問われる事になります。

車検がきちんと行われていないと、既に手放してもう所有していない方に責任が行く可能性が出てきてしまいます。

こうした事を防ぐためにも車検が必要です。逆に法律で定められているからこそ、点検の良い機会にする事もできます。

車検でいつも乗っている車をこれからも快適に使えるよう点検しておきましょう。

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る