買取が決まった後の税金の支払いはどうなる?

車を持っていると支払わなければいけないものに、税金があります。

税金には自動車税と自動車重量税というものが主にあります。

自動車税は毎年支払いの通知が来るためご存知の方も多いのですが、自動車重量税も支払いをしています。

車検に含まれる形で支払われるため、気付いていない方も多いです。

自動車税は1年分の税金を前払いで支払いますが、この1年の途中で車を手放すと残存期間分を還付金として受け取る事ができます。

自動車税の注意点

一つ注意点としては、3月から4月の変わり目のタイミングで車を売却した場合です。

自動車税は毎年4月1日にその車を所有している方に対して支払いの請求書が郵送されます。

3月の終わり頃に中古車を売却すると、その登録が少しずれて4月に入ってから行われる事があります。

そうすると中古車を売却したのに自動車税の通知が来る事があります。

こちらはもちろん支払う必要がありませんが、3月の下旬に売却する予定がある方は買い取り業者に確認しておく事をお勧めします。

また、自動車税については確認しておく方が確実なので、不明点がある時は問い合わせをしておく方が確実です。

管轄の自動車税務署か運輸支局に電話すると解決する事ができるため、事前に連絡しておきましょう。

また、中古車の買い取りをしてもらう際にもどのような形になるかを確認しておくと、買取りが済んだ後で困る事がなくなります。

余分に支払った税金をそのままにしておくのは勿体ないので、還付が受けられるものは受け取っておきましょう。

自動車重量税の還付について

自動車重量税は車の重量によってそれぞれ課される税金です。

こちらの税金は次の車検までの期間の2年ないしは3年分の金額を前払いするという仕組みになっています。

そのため中古車として買取りを依頼する場合、残存期間が長めに残っているという場合も多くあります。

還付金として受ける事ができれば比較的まとまった金額を還付してもらう事ができますが、中古車の買い取りの場合、還付金を受ける事ができません。

これは自動車重量税の還付には条件がついているためです。

自動車重量税の還付金は原則として、その車が廃車して解体処理される場合に還付されるという条件があります。

廃車して解体され、その届け出を行った後に自動車重量税についても手続きを行うと還付されるという仕組みになっています。車を買い取ってもらう場合は解体されて廃車される訳ではないため、これには当てはまらない事になります。

そのため、原則自動車重量税については還付金が受けられないという事になります。

車検までの比較的長い期間の分の税金を前払いしているので、還付を受けたい所ですが、これは仕組み上仕方がない面があります。

中古車買い取りでの還付金は自動車税のみ

長く乗ったので廃車するという場合はこちらの還付金を受ける事ができるため、長く乗って中古車として値打ちがなくなってしまったという場合には廃車も検討してみると良いでしょう。

それ以外の方で中古車買い取りを検討している方は、基本的には自動車税のみ還付金が受けられると考えておきましょう。

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る