査定の時に判断基準になる車の「クラス」とは?

車を査定してもらう際、最終的な査定額を決定するのは各買取事業者です。

しかし各事業者の間で査定結果に大きな差がついてしまうようなことがないように、ある程度のガイドラインが設けられています。

そのガイドラインは日本自動車査定協会という組織が策定していて、各買取事業者はその情報を基に独自の基準を加味して査定額を決めています。

その際の区分として、クラスが用いられています。

日本車:特C>特B>特A>Ⅰ>Ⅱ>Ⅲ>Ⅳ>軽

日本車の場合、クラスは価値が高い順に特C、特B、特A、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、軽という分類になっています。

一番低いランクの軽は軽自動車です。このランクは新車の状態でも相応に低価格です。

このランクは中古車市場の販売価格が大きく狂わないように設定された基準でもあり、排気量が小さな車は低い設定になりがちです。

近年人気のコンパクトカーも軽に近い位置にランクされています。

対して、スポーティに乗ることができるSUVや、ファミリーカーとして定番のミニバンなどは高めのランク設定になっていることが多いです。

高級タイプのセダンやハイブリッドも高めのランクに位置しています。

自身の愛車がどのクラスに所属しているのかあらかじめ知ることで、おおよその査定額の判断ができるようになっていて、提示された査定額に対してどう捉えるのかという基準にもなります。

このクラスに関してはどの買取事業者でも同じになりますので、基本的な査定額に大きなズレが生じないということになります。

輸入車: 特>Ⅰ>Ⅱ>Ⅲ>Ⅳ>Ⅴ>Ⅵ

国産車と同様に、輸入車に対してもこのクラス区分があります。

国産車が8区分であるのに対して、輸入車は特、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵの7段階になっています。

軽のクラスがないのは、輸入車で軽自動車に相当するものが極端に少ないということが理由です。

狭い路地でも軽快にすり抜けることができる軽自動車はとても利便性が高いですが、それは日本ならではの道路事情ということがこのようなところでもよくわかります。

輸入車のクラスはたくさんの国のさまざまなメーカー、そしてそれぞれの車種がしっかりと区分されているので、実際の査定額を提示してもらう前に把握しておくことで、おおよその目星をつけることができます。

元々国内では希少のモデル、或いはある程度高級なモデルであれば高いクラスに位置していることが期待できますので、あらかじめ調べておくととても参考になります。

一番高い「特」に関しては、参考までに例を挙げるとロールス・ロイス、ベントレー、マイバッハなどの超高級車です。ベンツやジャガーなどはⅠに区分されています。

基本の価格が高めになりがちな輸入車ですが、その中でもしっかりと区分されていることがわかります。

輸入車を好む方にとっては、このクラス区分の情報は新しい車を探す際の参考情報にもなりますので、是非押さえておきたいものになっています。

より高いクラスに位置する車を目標にするなど、新車選びの基準にすることもできるのでとても便利です。

「クラス」は査定額にどう影響するか

これらのクラスは、その車の基本的な査定額を左右するものではあるのですが、それ以外にもそれぞれの状態の加減点に対して影響します。

つまり、その車の状態による価格の変動に対しての影響度合いが違ってくるということです。

わかりやすい例で示すと、軽自動車に少し傷が付いている状態と、超高級車に同様の傷がついている状態では、インパクトが違うということです。

それぞれ、中古車として市場に出回る際には修理されることになるのですが、修理に必要な費用が違います。

傷の付いた軽自動車と高級車では、差し引かれる金額が違うということです。

そのようなことを係数として定義しているのもクラスになります。加点と減点の係数そのものがクラスによって変わってくるということです。

クラスが上がれば上がるほど、その評価によっての査定額の差が大きくなるということでもあります。

クラスが良く状態も良い車体であればより高く、クラスが低く状態が悪くてもそれなりに、ということになります。

これを押さえておくと、クラスの高い車を所有している際には、より大切に扱い続けることでいざ売却する際に加点され、高い査定結果を得た際の金額的なメリットが高くなります。

クラスの低い車はぞんざいに扱っても良いというわけではありませんが、高い費用をかけて購入した愛車をしっかりとした値段で売却するためには、押さえておくべきポイントになります。

売却はまだまだ先と考えていても、クラスを意識することで日頃の取り扱いを考えなおすきっかけになります。

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る