車椅子に対応している車

車椅子対応の車とは、身体に障害があり車の乗り降りや運転に不自由がある方の為に改造した車のことです。福祉車両とも呼びます。

車椅子対応の車の種類は、大きく分けると2種類あります。

【1.障害のある方本人が運転する個人ユースの車両】

運転しやすいように、運転補助装置などを取り付けます。例えば、シートが外側にスライドして車椅子からの乗り込みが楽にできるようになっていたり、電動で助手席や後部座席が動くようになっていたり、様々な装置が装着されています。

【2.障害のある方を送迎する為の車両】

車椅子がそのまま乗れるスロープがついた車両、車椅子をリフトであげて乗せるタイプの車両です。車体が大きいので、福祉施設や老健施設などが使用しています。ワンボックスタイプの車ですと、個人で購入されている方もいるようです。又、福祉車両ではありませんが、最近路線バスの乗り口は、車椅子がそのまま乗れるようなスロータイプのものを良く見かけます。

リフト付きの路線バスは福祉車両の1つと言えるでしょう。

又、介護タクシーも車椅子対応しているので、福祉車両の1つです。

少し前までは、車椅子と聞くとも特別に体が不自由な人が使用するものというイメージがありました。

しかし、高齢化社会が到来し、「介護」「身体障害」と言った言葉が身近になってきています。自分、もしくは自分の身近な人が、ある日突然介護の必要な状態になり、車椅子を使用しなければ日常生活に困難をきたす事態になる可能性はいつでもあります。

自分の誰かのために運転しなければならなくなることもあります。

また自分が車椅子の必要な体になるかもしれないのです。

病院の送迎に必要なのはもちろんのこと、障害を持たれている方本人の活動範囲を広げるには車が不可欠です。

行動範囲が広がり日常生活が楽しくなりますから、車椅子対応の車を上手に使いたいものです。

車椅子に対応している車

車椅子に対応した車に購入を考える場合も、目的によって選び方は様々です。

障害のある方本人が運転するのか、車椅子ごと乗りたいのか、車椅子を収納するスペースが確保できるか等々の希望を考慮して探す必要があります。

又、選定するにあたりおさえておかなければならないポイントがあります。

具体的には、HONDAフリード、TOYOTAシエンタ、SUZUKIソリオがあります。

スロープを使って車椅子ごと乗りこむことがきる他、リモコンスイッチがあるので本人だけではなく、介護者の負担も少なくすることが可能です。

運転席の後部に収納するスペースを確保できるので、車椅子を折りたたまずに収納することができます。

日本車の他に、RENAULTカングー、CITROENネモ、FIATクーボ、PEUGEOTビッパーなども車椅子に対応した車です。

また、「車いす仕様車」と呼ばれていて、スロープまたはリフトで乗り込むことができる車です。

各メーカーで対応しています。

・TOYOTAノア、ヴォクシー、アルファード、ヴェルファイア。
・HONDAフリード、N-BOX。
・日産セレナ、キューブ、NV200。
・マツダ フレアWAGON。
・SUZUKIWITHスペーシア。

【なるべく安く手にいれる方法】

福祉車両の新車は、一般的乗用車と比べて高価になります。

自動車メーカーが、一般の乗用車を車椅子対応に改造したもので、最初から福祉車両として設計・生産された車ではないのです。

なるべく安く購入する方法としては、中古車を利用する方法もあります。

又、厚生労働大臣が指定する「身体障害者用物品の規定に該当する装置を備えた車」を購入する場合には、消費税が非課税となります。

その他、車を車椅子対応に改造する場合に受けられる助成金もありますので、上手に活用して行きたいですね。

軽自動車で車椅子に対応しているものもあります

車椅子に対応した装置のある自家用車という、大きいワゴンを想定しますが、軽自動車でも車椅子をそのまま収納することのできる車両もあります。

具体的に車種名をあげると、
・SUZUK:スペーシア(車椅子移動車)、エブリィ(車いす移動車)、エブリィワゴン(車いす移動車)
・ダイハツ:タント(スローパー)、アトレー(スローパー)、ハイゼット(スローパー)、ディアスワゴン(スロータイプ)
・HONDA:N BOX+(車いす仕様車)
・マツダ:ブレアワゴン(スロープ式車いす移動車)
があります。

どの車種も車椅子を乗せるためのスロープが装着されていており、ドアの開閉がスロープ式で車椅子利用者が乗り降りしやすいなどの対応がなされています。

又、介護専用ではなく、日常生活で普通に乗ることのできる車です。

例えば、HONDAのN-BOXは、日常の普段使いの車に「車いす仕様車キット」をプラスすることで車椅子にも対応して利用できる車です。

HONDAのN-BOXに限らず、高齢化社会に伴い、生活の変化にあわせて車を買い替えるのではなく、持っている車の仕様を生活の変化に合わせて変えていこうという風潮がみられてきています。

軽自動車の車椅子対応車は、一般の乗用車より価格が安いだけではなく、税金面、自賠責保険料も安く、お得です。又、燃費が良くガソリン代も安いという利点もあります。

車両が小さいため、小回りがきき、駐車スペースに困らないのも利点です。

一般車と比較して車内は狭いですが、車椅子を折りたたまずに収納できますし、介護者の席も確保されています。

一般家庭で購入するのなら、気軽に購入しやすい車と言えるでしょう。

車を買い替えたり手放すことを検討している方!ちょっと待って!今の車がいくらで売れるか調べてみませんか?!

漫画
漫画
漫画オススメの一括査定サービスはコレだ!ズバット車買取比較

愛車無料一括査定サイト「ズバット車買取比較」

ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。

ロゴ矢印無料一括査定スタート!漫画

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…
  2. ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…
  3. 車にかかるお金を節約する4つの方法を伝授します! (さらに…)…
  4. 庶民には夢のまた夢 一億超えの超高級車を紹介します。 (さらに…)…
  5. まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…

ピックアップ記事

月別

ページ上部へ戻る